【動画】 2012年12月10日放送 「ファミリーヒストリー」 出川哲朗 ~創業118年のり問屋を守る家族の絆~

s-ファミリーヒストリートップページ

 
ご訪問ありがとうございます!


「ブログランキング」参加中!
「ポチッ!」をヨロシクです!








■<番組紹介>
NHK ファミリーヒストリー
『出川哲郎~創業118年のり問屋を守る家族の絆~』
出演/出川哲郎・語り/余貴美子、大江戸よし々
12月10日(月)午後10時~10時50分 放送
(再放送)12月14日 午前0時25分~放送

『ファミリーヒストリー』
放送日 2012年12月10日(月) 22:00~22:50 放送局 NHK総合

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/info/609447/index.html
番組概要
出演者
「ファミリーヒストリー」
出川哲朗〜創業118年のり問屋を守る家族の絆〜 -

オープニング (その他)
今回は出川哲朗のファミリーヒストリーを取材した。出川哲朗の実家は横浜の老舗のり問屋で、時間がある時は販売を手伝っている。体当たり芸でバラエティ番組に欠かせない存在となっている出川哲朗は、母の死をきっかけに家族の大切さを感じるようになった。

出川哲朗〜創業118年のり問屋を守る家族の絆〜
出川哲朗の実家は、横浜にある創業118年ののり問屋。現在は家族と従業員25人で店を守っている。店を始めたのは曽祖父・出川金蔵。金蔵は幕末の1864年に川崎市で生まれた。成就院にある古い絵地図によると、出川家は江戸時代にこの地域の新田開発に携わった有力な一族だった。

明治27年、出川金蔵は横浜に店を構えた。当時は高級品だった海苔が庶民にも手が届く存在になってきていて、東京湾では海苔の生産が盛んになってきていた。店が軌道に乗り始めたころ、金蔵は脳梗塞で突然亡くなった。店を引き継いだ政雄は店を守るために懸命に働いた。昭和6年、政雄は哲朗の祖母にあたる普美子と結婚した。普美子さんは今年で100歳になる。政雄と普美子が結婚した2年後に父・誠一郎が誕生した。誠一郎は内気な性格だが成績優秀だった。

昭和16年に太平洋戦争が開戦した。そして昭和20年5月29日に横浜大空襲で店は焼失し政雄は途方に暮れた。政雄は店があった場所で金庫を発見し、中にはわずかなお金が残っていた。政雄はそのお金を元手に日用品を仕入れて闇市で売り、その売り上げを少しずつ蓄えていった。昭和23年、政雄は横浜でのり問屋を再開した。

長男の誠一郎は、学校に通いながら店を手伝って仕事を覚えていった。ところが20歳の時に結核に倒れ、誠一郎は長野県にある富士見高原療養所に入ることになった。富士見高原療養所は作家の堀辰雄も療養していて「風立ちぬ・美しき村」の舞台となった場所でもある。誠一郎は施設で同世代の患者たちと打ち解け、楽しい日々を過ごした。それまで内気な性格だった誠一郎は、友達にいいところを見せようと寿司をおごったりしていた。この寿司屋は実家ののりを買ってもらっていてその売り上げを支払にあてていた。

誠一郎の姉・和子さんは、当時誠一郎が店の売り上げを使ってしまい父も呆れていたと話した。療養所で誠一郎と親しくなった薗さんは、当時結核が悪化して左の肺の一部を切除した。手術は成功したが入院費用が底をつきかけたとき、誠一郎に相談すると誠一郎は当時の大金である2万円を渡してくれた。誠一郎は実家の父に頭を下げてお金を工面した。

1年間の療養生活で体調が良くなった誠一郎は、長野から戻り再び店を手伝い始めた。この頃、全国一の海苔の生産を誇っていた東京湾は、工業化による水質悪化で海苔の漁場が失われていた。その一方で海苔養殖の技術が進歩して、効率的な方法によって全国各地で海苔の生産が本格化した。そして宮城の海苔が注目されるようになった。誠一郎は宮城で仕入先を探すためあるのり問屋を訪ねた。そこで出会った女性が、後に哲朗の母となる泰子だった。
ファミリーヒストリーを見た出川哲朗は、「父親の外面が良かったのは昔からだったんだと感じた」と語った。「父と母の出会いがこんなにドラマチックだったなんて知らなかった」とも話した。

宮城県塩釜市は出川哲朗の母・泰子さんの故郷で、東日本大震災では津波による被害をうけた。実家、のり問屋では1階部分が浸水し復旧までに2ヶ月かかった。

出川哲郎の母・石井泰子は1935年に、のり問屋を営む石井家に次女として生まれた。当時、塩釜市ではのりの生産が本格化しており泰子の祖母・くんがのり問屋を開いた。当時の状況を知る泰子の友人である中山智子さんは2人の思い出として塩釜神社を紹介してくれた。

石井泰子と智子さんは学生時代には恋愛の話で盛り上がり、そんな時にのりの仕入れを行っていた出川哲郎の父・誠一郎と出会った。1958年、泰子は誠一郎と結婚した。結婚して3年後の1961年に誠一郎の父・政雄が他界、後を告ぎ誠一郎は店を任された。そして1964年に二男・出川哲郎が誕生した。出川哲郎が母・石井泰子についてトーク。映像を観た中で知らない事実もあったが、心が強い母親だったと話した。

1970年代、のりは贈答品として人気を集めていた。店の売り上げは伸び、出川哲郎の父・誠一郎はサイドビジネスにも手を伸ばした。周りとの付き合いも深まり、自分の経営を人任せにする日々が続いた。この状態に泰子は別居を決意し、別居したあとも泰子は一人で店を続けた。

1981年、誠一郎が先物取引に手を出し創業87年の店は倒産寸前に追い込まれた。店を持ち直すには億単位の資金が必要で、銀行が老舗を守るためにお金を貸してくれることになった。しかし、条件がありそれは誠一郎を社長から降ろすことだった。誠一郎は姿を消し、泰子はもくもくと働いた。店の経営が傾いた頃、哲郎は高校3年生。卒業後に料理人になることを選んだが半年でやめてしまった。それから演劇の世界に入り、南原清隆や内村光良らと劇団を旗揚げした。

1986年、泰子の元に別居中の誠一郎から連絡が入った。誠一郎は糖尿病に苦しんでおり、泰子は再び同居することを選んだ。そこからは誠一郎を看病したが、5年後に誠一郎は58歳でなくなった。葬儀には1000人以上の参列者がつめかけた。誠一郎の友人だった柴田健人さんは当時の思い出を語った。

その頃、哲郎は芸によりテレビに出演するようになっていた。その後、女性誌の嫌いな男ランキングで1位をとったが泰子は哲郎を応援し続けた。2001年に康子にがんが見つかったが店のことばかりを考えていた。そして去年8月、76歳で泰子は生涯に幕を下ろした。

ファミリーヒストリーを見た出川哲朗は、母が姉の前で泣いていたことを知らなかったため、それを自分も見ていたら生きている間にもっと優しくしてあげられたかもしれないと話した。出川哲朗は「自分が頑張ることでかあちゃんが喜んでくれるので、明日からもいただいたお仕事は体を張って頑張りたい」と感想を語った。

去年亡くなった母・泰子さんは、生前辛いことがあると海を眺めていた。泰子さんの葬儀の後、哲朗さんの姉は泰子さんの故郷である宮城県塩竈の墓地に分骨することを提案した。今年8月、出川家では祖母の普美子さんが100歳を迎えパーティーをおこなった。出川家の家訓は、祖父・政雄さんの遺した「いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と災難」という言葉だった。




関連記事

comment

Secret

 お 勧 め ブ ロ グ (2) 自 動 更 新
 写 真 ブ ロ グ 自 動 更 新
 世 界 の ニ ュ ー ス 自 動 更 新
       
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
時間たつの早いね!
ご訪問有難うございます!
ブログランキング参加中!

Fc2アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
とらちゃ~~~ん ♪
栗拾い
今日は何の日カレンダー?
憲法9条断固死守!
晴 天 と ら 日 和
おーい、とらちゃん出番だよ!
とらちゃんがまとめちゃいました
とらちゃんの動画大集合!
ご用があればコメントへどうぞ~。
ついった~、デス!
検索フォーム
プルダウンリスト
全タイトルを表示

Google Translate
美空ひばり様 『愛燦燦』


次から次へとひばりさんの情報があります!!
★ツイッター・ひばりプロダクション (美空ひばり)
★美空ひばりウェブサイト:ひばりさん最新情報
★お嬢クラブBBS(情報&書き込みあり!)
★Youtube:美空ひばり公式チャンネル
【ラジオ】 月~水 早朝5:10~5:20
ラジオ日本 「ひばりさんへの手紙」
▼良いと思われたらお買い上げを♪
(アフィリエイト成果報酬型広告ではありません)
美空ひばりの名曲は永遠に特設サイト
『ひばり千夜一夜』特設サイト
『美空ひばりトレジャーズ』特設サイト
芸能生活35周年記念・武道館ライヴ
Amazon美空ひばり全般
コロムビア美空ひばりディスコグラフィー
タワーレコード美空ひばりオンラインショップ
東京目黒区青葉台:美空ひばり記念館
Miss Diana Ross
菊五郎 「弁天小僧菊之助」

歌舞伎座九月秀山祭9月1日~25日
歌舞伎の生の舞台を是非どうぞ~♪
桂米朝 「つぼ算」
ブログ(イラスト)紹介~♪
情報ブログ紹介!
ブログ紹介しますよ~!
 Canada de Nihongo ミニーさん
 Like a rolling bean (new) 出来事録
 き っ こ の ブ ロ グ
 ミクロネシアの小さな島・ヤップより
 虹の橋 ゆりかりん
 大木晴子のページ明日も晴れ!
 と む 丸 の 夢
 TOKYO“WAI-GAYA”JOURNAL
 YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞
 スタートライン飛騨~マイポートHIDA
 世に噛む日日
 憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ
 ハイヒール女の痛快日記
 世相を斬る あいば達也
 かっちの言い分
 こわれたおもちゃをだきあげて
 Studio山猫軒(福島県郡山市)
 葉っぱに埃がついたので水をかけて…
 喜 八 ロ グ
 永田浩三隙だらけ好きだらけ日記
 くろねこの短語
 誰も通らない裏道
 クマのプーさんブログ
 今日の「○」と「×」
 toxandoria の日記、アートと社会
 疲労困憊したおじさんのブログ
 晴れのち曇り、時々パリ
 村野瀬玲奈の秘書課広報室
 マスコミに載らない海外記事
 言ノ葉攻防(旧・言ノ葉工房)
 雪 裏 の 梅 花
 夢想ろうかん-Reloaded
 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう
 カレイドスコープ
 たむごん
 人類猫化計画
 アルデバランの夢の星
 ウィンザー通信
 八木啓代のひとりごと
 戦後史の激動
 在野のアナリスト
 Shimarnyのブログ
 みんな楽しくHappy♡がいい♪
 フランスねこのNews Watching
 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)
 Nuclear F.C : 原発のウソ
 黙々と-part4
 MikSの浅横日記
 野球の記録で話したい
 反 戦 な 家 づ く り
 ジャーナリスト
 小林恭子の英国メディア・ウオッチ
 植草一秀の『知られざる真実』
 明日うらしま 梶村太一郎の反核覚え書き
 岩下俊三のブログ
 永田町異聞
 写真家
 初沢克利 hatsuzawa-studio.net
 マンガ家&イラスト
 カサハラテツローホームページ
 漫画家・牧村しのぶのブログ
 漫画家ぼうごなつこのページ
 情報
 ぜんぶかみさまにいいつけてやるんだから
 情報・日隅一雄氏と「N P J」
 情報・小出京大助教非公式まとめ
 情報・インターネット図書館青空文庫
 情報・ 阿 修 羅 ♪
 情報・HUNTER(ハンター)
 医師
 新小児科医のつぶやき
 BACK TO THE Street ふろむ診療所
 転がるイシあたま
 東京日和@元勤務医の日々
 天笠雅春 @mamagasa
 Yamagata-やまがた歴史探訪
 弁護士
 猪野亨のブログ(札幌弁護士会)
 弁護士のため息(愛知県弁護士会)
 落合洋司の日々是好日(東京弁護士会)
 黒猫のつぶやき(東京弁護士会)
 澤藤統一郎の憲法日記
 弁護士深草徹の徒然日記
 元法律新聞編集長の弁護士観察日記
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
気象庁天気予報台風情報 
ヤフー天気災害花粉情報
(t)天気予報(t)地震速報
キューピー3分クッキング
いつでも里親募集中!
RSSリンクの表示 
Q R コ ー ド 
QR