FC2ブログ

おーい、とらちゃん出番だよ!

みんなを優しくする魔法の言葉「ありがとう~♪」v(・∀・)v



「(マクロンは)フランスは革命でできていることを忘れてはいけない」by・パリ市民




ご訪問ありがとうございます!


「ブログランキング」参加中!
「ポチッ!」をヨロシクです!



●疋田多揚2018.12.15 07:00AERA
「マクロンはやっぱり金持ちの味方」フランスの怒りのデモは止まらない
https://dot.asahi.com/aera/2018121400073.html

 燃料税の増税に端を発した反政府デモは4週間続き、やむ気配がない。「もうマクロンは信じられない」。失望は怒りへと変わっている。
  *  *  *
 私が初めて「ジレ・ジョーヌ」(仏語で「黄色いベスト」)運動を目にしたのは11月23日のこと。フランス東部、スイスとの国境沿いの小さな村でのことだった。幹線道路の片側が何台ものトラックで埋められて封鎖され、ジレ・ジョーヌを着た人々が交通整理をしていた。

 確かに実力行使だが、片側は通している。そもそも辺境で交通量が乏しく、大して妨げにもならない。人々は交差点脇でたき火をたいて談笑している。警備中の憲兵までなぜか黄色いベストを着ていた。どこか楽しげで、のどかな光景だった。

 その背景にどれほどの怒りがあり、それが政権を追い詰めることになるのか、その時はわからなかった。

 ジレ・ジョーヌと言えば、毎週土曜にパリで車両が燃え、店が荒らされる映像が流れるが、12月8日のデモの参加者13万6千人のうち、パリ市内はわずか1万人だ。パリの参加者も郊外や地方から来ている人が多い。

 運動の中心はあくまで地方だ。

 12月中旬、仏中部のロワール川の源流近く、レース編み物やレンズ豆で有名な人口2万人弱ほどのルピュイアンブレに私は向かった。マクロン大統領が4日、暴徒による被害を確認に訪れた街だ。

 郊外の交差点脇の空き地では、20人ほどの参加者が、夜の暗がりでたき火を囲んでいた。音楽が鳴り、ソーセージや炭酸飲料を持ち寄って話している。座り込みの抗議運動だ。

「環境を大事にするのは賛成。許せないのは、私たちの税金を政府が横領していること。金持ちは金を持ち続け、中流階級はひたすら働き続ける。政府は企業や銀行の税逃れも放任。もうマクロンを信じられない」

 看護師のソフィーさん(52)はそうまくしたてた。勤務先の公立病院では人手が足りず、緊急の患者でも6時間待たせることがあるという。「マクロンは私たち国民のことなんてどうでもいいと思っている。でも、この地方でこんなにデモが続いたのは初めてのこと。フランスは革命でできていることを忘れてはいけない」

 傍らを行き交う車が、次々とクラクションを鳴らす。運動を応援するメッセージだ。

 毎月の障害者年金600ユーロ(約7万8千円)を頼りに独りで暮らす元トラック運転手のルネ・ボジックさん(55)は、32歳のソーシャルワーカーの息子から仕送りを受けている。「国会議員の数をまず減らすべきだ。どうせ我々に耳を傾けないんだから、いたっていなくたって一緒だ。マクロンも外交に力を入れる前に、まず自分の国をどうにかするべきだ」

 4週間、全土で続いたデモに、政権は燃料増税の1年間凍結や最低賃金引き上げ表明に追い込まれた。だが、デモはなおやまない。

 彼らの怒りの根底にあるのは、政権の企業寄りな政策への不満だけでなく、政治不信だ。「自分たちは無視され、誰にも代表されていない」という、諦念の一方でくすぶり続けた思いが燃料になっている。

 ジレ・ジョーヌはSNSの呼びかけに応じて、自発的に集まった。政党や労組といった組織に代表されることも拒む。リーダーもいない。だから多くの野党も、運動を政治的エネルギーに変える好機のはずなのに、拒否されるのを恐れて連携へ及び腰になっている。それだけ新しい運動なのだ。

 マクロン大統領は政権発足以来、最大の危機を迎えている。

「古い政治からの脱却」を掲げ、政党組織も地盤もなかった彼にとって、まさに「アンガージュマン(参加)」を呼びかけてきたのが、こうした無党派層だったからだ。ジレ・ジョーヌは今、皮肉なことに、マクロンに対抗する形でアンガージュマンにのめり込んでいる。 (文中一部敬称略)
(朝日新聞国際報道部・疋田多揚[パリ])
※AERA 2018年12月24日号



フランスは、
「パリは燃えているか」
なんだろうなって思いますね。

つーより、
日本人が可笑しいだけかもしれない。
政権も、
政権よりの情報を流すメディアも、
可笑しいってことよね、。。。



関連記事
Comments

Body

« »

03 2019
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
時間が経つのが早いね!

ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!

Fc2アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
災害復興支援情報/共に生きる
検索フォーム
プルダウンリスト
全タイトルを表示

美空ひばり様 『関東春雨傘』
Miss Diana Ross

Live In Tokyo, Japan 1996
(Full Concert)
播磨屋「仮名手本忠臣蔵・七段目」
桂米朝師 「胴乱の幸助」
鉄オタ・鉄道リスト一覧!
統一地方選挙・2019
s-20190321統一地方選挙
お勧め出版社の本
s-権力の背信 s-解剖<政>の変質を問う 加計学園問題 朝日新聞

s-多数決を疑う 岩波 s-福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞

s-日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何をみたのか s-安倍政治100のファクトチェック

s-戦火のサラエボ100年史「民族浄化」もう一つの真実 s-沖縄から伝えたいこと

s-s-美空ひばり&竹中労 定本 s-20131220美空ひばり
アフィリエイト広告ではありません!
ノンフィクション・ブック
s-戦後美空ひばりとその時代 s-我、拗ね者として生涯を閉ず s-誘拐 本田靖春
講談社・本田靖春全作品集(電子)
旬報社・本田靖春集(全5巻)
岩波・密約―外務省機密漏洩事件
中公・妻たちの二・二六事件新装版
岩波・アイヒマン調書ホロコーストを可能にした男
岩波・戦慄の記録 インパール
岩波・パレスチナ 戦火の中の子どもたち
岩波・検証 自衛隊・南スーダンPKO
岩波・追跡 日米地位協定と基地公害
筑摩・ルポ児童相談所一時保護所から考える子ども支援
筑摩・山本太郎 闘いの原点─ひとり舞台
筑摩・戦場体験者─沈黙の記録
筑摩・カメラマン沢田教一が撃たれた日
筑摩・本をつくるという仕事
筑摩・連邦刑務所から生還した男
新潮・GHQと戦った女/沢田美喜
(出版社が腹が立つんだけどクソ!)

小学館・安楽死を遂げるまで
文春・こんな夜更けにバナナかよ
白水・ジハード大陸「テロ最前線」のアフリカを行く
朝日新聞・ルポ沖縄国家の暴力 高江165日
河出・日航機123便墜落事故原因に迫る新事実!
みすず書房・ガザに地下鉄が走る日
東大出版会・日本の貧困研究
講談社・告白あるPKO隊員の死
講談社・窓ぎわのトットちゃん
白水社・ノンフィクション 本。
筑摩・ノンフィクション 本。
アマゾン・ノンフィクション 全出版社
アフィリエイト広告ではありません!
ブログを「ご紹介」します!
いつでも里親募集中!
保護犬、保護猫の譲渡 里親マッチングサイト Veterinary Adoption
ご用があればどうぞ・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

Q R コ ー ド 
QR
免責事項
当サイトの記事&動画は全て無料で「資料」として掲載しています。記事&動画の違法アップロードなどを推奨・援助を含め著作権侵害を助長する行為は一切していません。記事・動画像等全ての知的所有権は著作者・団体に帰属しています。当サイトを利用した事でいかなる損害が生じても管理人に責任は無いモノとします。尚、動画のアップロード・削除依頼等は各動画サイトへ直接お問合わせ下さい.