おーい、とらちゃん出番だよ!

タコ焼きランチ 果物.飲物付♪ 超出血大サービス1コイン500円 (^_^)ニコニコ

企業の現預金、最多の211兆円 人件費はほぼ横ばい。(これがアホノミクスの正体ってわけね!)

アベシ



ご訪問ありがとうございます!


「ブログランキング」参加中!
「ポチッ!」をヨロシクです!


■朝日新聞 大日向寛文2017年11月12日05時04分 (資料)
企業の現預金、最多の211兆円 人件費はほぼ横ばい
http://www.asahi.com/articles/ASKC77RXLKC7ULFA03D.html

 企業が抱える現金と預金が、2016年度末に211兆円と過去最高にふくれあがっている。アベノミクス前(11年度末)と比べ3割(48兆円)増えた。人件費はほぼ横ばいで、企業の空前の利益が働き手に回らない構図が鮮明となった。

 財務省の法人企業統計調査(金融・保険除く)のデータを分析した。調査対象は国内企業で、海外子会社は含まれない。

 16年度の純利益は、5年前の2・6倍の50兆円で、バブル最盛期の1989年度(18兆円)を大きく超える。円安で輸出企業を中心に業績が伸び、4年連続で過去最高を記録した。

 巨額のもうけは賃金や設備投資増に回らず、現預金などに向かっている。90年代の金融危機や08年のリーマン・ショックを経て、企業経営者は消極的になり、国内で正社員を増やしたり、設備投資をしたりするのを手控えるようになった。

 現預金は、08年のリーマン・ショックから増え始めた。08年度末からの5年間の増加額は年平均6兆円だが、アベノミクスによる円安を受け好業績に沸いた13年度末からの3年間は年平均12兆円と2倍に加速している。株主への配当も、16年度は5年前と比べ7割増の20兆円にのぼった。

 一方、人件費は5年前から1%増の202兆円にとどまり、ピークだった98年度(204兆円)を下回っている。

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの土志田るり子研究員は「企業の好業績が従業員に還元されない。これが日本の経済成長が低迷する原因になっている」と指摘する。(大日向寛文)



この5年間で企業の現預金は3割増、株主への配当は7割増なのに、
人件費はわずか1%増にとどまり、ピークだった98年度にも届いていない。
アベノミクスが大企業や大株主を潤す一方、賃金として還元されていない実態が明らかに。

これって、
アホノミクスってなんなのってハナシだよね。



関連記事
Newer Entryアベの海外へのバラマキと国内の削減締め付けと、…(こいつは人間じゃないかもな。鬼か蛇か悪魔か!) Older Entry本当は弱い安倍政権!(浜矩子)

Comments



 

 

« »

11 2017
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
時間が経つのが早いね!
 
 
ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!

Fc2アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
 
 
 
憲法を守ろう!
長谷部恭男教授(憲法学者)の言葉。
安倍首相が提案した9条1項2項を残しつつ.自衛隊の現状を憲法に書き込む議論.9条1項2項が残されたとしても.それと.矛盾・衝突する新たな条項が書き込まれれば「後法は前法に優先する」という法原則に基づき.1項2項は死文化する.「現状を書き込む」というレトリックは.安保法制を合憲化するという結果を超え自衛隊の任務を限定してきた従来の憲法解釈を.葬り去ることにつながりかねない。 
 
 
 
国会議員いちらんリスト
 
 
とらちゃ~~~ん ♪
今日は何の日カレンダー?
晴 天 と ら 日 和
おーい、とらちゃん出番だよ!
とらちゃんのラジオだってイイネ~♪
(T)とらちゃん(walk in peace)
 
 
ついった~、デス!
 
 
とらちゃんのブログ
 
 
検索フォーム
 
 
プルダウンリスト
全タイトルを表示

 
 
美空ひばり様 『ひとすじの道』
 
 
音羽屋 「弁天小僧菊之助」
 
 
桂米朝師 「住吉駕籠」

米朝一門落語会情報・落語もイイヨ!
米朝事務所2017年11月出演者情報
 
 
 
ブログを「ご紹介」します!
 
 
共同通信ヘッドライン
 
 
天気予報

-天気予報コム-
 
 
日替わりレシピ!(全種類)
 
 
オセロゲーム
 
 
いつでも里親募集中!
 
 
ご用があればどうぞ・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
免責事項
当管理人は動画は資料として掲載しております。 従って.動画の違法アップロード.又はその事を推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません.動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております.当サイトを利用した事で損害が生じても管理人に責任は及ばないものとします。尚.動画のアップロード・削除依頼等は各動画サイトへ直接お問合わせ下さい。
 
 
 
Q R コ ー ド 
QR